March 14. by Shin


こんな感じの写真を撮ろうとしました。

首吊りみたいな写真(趣味悪いよ!by Akane)を撮ろうとしました。あかねの首に縄を巻き、つま先立ちしてもらったんですけど、体のどこかが床に接着していれば、あかねは体重移動ができるから安全だと思ってました。

首に縄を巻きつつ「何かヘンに感じたらすぐ言ってね」とは言ってから縄を首に巻いてつま先立ちしてもらい、そしていつもと同じように緊縛を始めようとしました。たぶんその間、20秒も経ってなかったと思います。

けど、気がついた時にはあかねは立っていることができていなかった!

びっくりして即効で縄をほどいたのだけれど、あかねは数秒間痙攣して、咳き込んでから意識が戻りました。あかねが言うには最後に覚えていたのは「何かヘンに感じたらすぐ言ってね」と言う言葉で、次に気がついたら床に寝ていたそう。後であかねが言ったことだけれど、目の前をいろんな思い出が駆け抜けていったそうです。自分にしたら何十秒間の間のことだったけれど、あかねにしたら相当長く感じたそうです。

二人ともけっこう衝撃でした。本当に数秒だけ首吊り状態だったんだけれど、赤い縄の縛り跡は1週間くらい残るくらい力のかかり方は相当強かったみたいです。

人はそんなに長くつま先立ちするのはできないのかな?何かサポートでもないと難しい気がしました。あかねが自分で自分の体重を支えられなくなった時、全体重が首にかかっちゃって、窒息状態になっちゃったんだと思います。

とにかく、首吊りはスゴク危険です(当たり前のような気もする・・・:) by Akane)。今回は不幸中の幸いだったけれど、これは皆さん、ヤメましょう・・・。